結婚式・入学式・卒業式用コサージュから、安くてかわいい子供用コサージュまで、他にはないオリジナルデザインのコサージュを販売

コサージュのつけ方

 

コサージュのつけ方

コサージュを付ける位置

コサージュの向き

コサージュの合わせ方

コサージュの部材について

 

コサージュのつけ方

コサージュを付ける際、お洋服によってはどうしても下を向いてしまう、ぐらついてしまうということが
あると思いますが、その場合下記を参考にしてください。

@コサージュピンは、はさみこむ生地を多めにする。

できるだけピンと洋服のすき間を少なくすることにより、
ぐらつきが防げます。

ピンを差し込む際に、お洋服の生地を多めに取って
付けてみてください。

さらにお花を少し上に向けるとバランスが取れて固定されます。

A洋服の裏にあて布をする。←お洋服のいたみ防止にもなるのでおすすめです!

↑写真の当て布は、分かりやすくする
ために黒色の当て布を使用しています。

@をしてみても、まだぐらつく場合、お洋服の裏に当て布をしてみてください。
当て布は、フェルトのような少し厚手のものがよいと思います。
色目は万が一、見えたときや透ける素材のお洋服の時の為に、裏とはいえ同系色のものを。大きさはコサージュピンより少し大きめにして、形は、かどを作らず円形のものを使いましょう。
その方が、丸みのある女性の体に沿いやすく安定します。

それでもぐらつく場合は、さらに厚い生地で試してみてください。(服のデザイン、付ける場所によって条件は変わってきますので、そのつど少しずつ調整してみてください)

上に戻る

コサージュを付ける位置

高さは、胸より上の鎖骨あたり付けると、キレイに見えます。
位置に付いては、右側か左側かという決まりは特にありませんが、左側の方が、見る方からして右側になるので、
目に付きやすいという利点もあり、左側に付ける人が多くなったようです。

上に戻る

コサージュの向き

当店のほとんどのコサージュは、茎が下向きになるようにデザインされていますが、 茎を上向きにして付ける方法も
ございます。必ず茎を上向きで付けていただきたいコサージュ以外は茎を下向き配置して、クリアケースに入れておりますが、お洋服の種類やバランスにによって逆さに付けて頂いても構いません。

迷った場合の参考として、コサージュは相手側から見て、茎が見えず、少し花部分が上に向いている方が美しく見えます。比較的背が高い人は、茎を上向きにして取り付けると、相手側からコサージュの茎が見えにくくなるので、キレイに見えるという考え方もあります。

どちらにせよ、特に決まりがないというのお答えになりますが、また新しい見解が出てきたらお知らせいたします!

上に戻る

コサージュの合わせ方

こちらも特に決まりはありません。
コサージュを付ける場面として、結婚式や披露宴、入園・入学式によく使用されるので、やはりフォーマルスーツやワンピースが多いですが、 当店のコサージュには、カジュアルコサージュとして掲載しているものがあるので、こちらの商品は、普段の外出時や、小物(かばんや帽子)に適しています。
しかし、決まりがあるものはないので、お客様自身でコーディネートしていただき、いつものファッションのアイテムとしてコサージュをご利用いただけたらと思います。
よくあるご質問(コサージュについての相談)も参考にしてみてください。

上に戻る

コサージュの部材について

商品説明等にでてくる、当店のコサージュで使用している部材の説明です。

 

@生地

サテン

つやがあり光沢感が強いので、ウェディング用の花やドレスによく使われています。高級感がある生地なので、コサージュ生地としても大変よく使われています。

オーガンジー

薄くてハリのある平織りの生地のことをいいます。透けているので、やわらかい感じや軽さを出したいときによく用いられます。当店では説明分に”薄地”として紹介しています。

ラメ生地

薄くノリがかかったしっかりした生地で、当店ではゴールドやシルバーのコサージュを作るときに使用しています。

チュール

当店ではコサージュの一番後ろについている、網目の生地のことをいいます。いろいろな柄や色があります。こちらも羽根と同様、フォーマルな場面で使われるコサージュで、華やかさを出したい時やボリュームを出したいときによく使われます。

 

 

Aコサージュピン

コサージュに使われるピンで平らな部分が取り付けやすく、固定されやすいピンになっています。 当店では2、5センチのコサージュピンを使用しています。

 

Cワイヤー

細い針金に緑又は白・黒を巻いたもので、主に花弁や葉の裏ばり・茎などに使用します。太さによって用途がそれぞれ違い、花の表情を出すのにかかせない材料です。

 

Dペップ

コサージュの中心によくつかわれる、細い軸の両端に粒が糊づけされた既製の部材です。普通は白ペップを着色して使います。片方だけ加工したものや、ガラスペップ、パールペップと種類・形とさまざまなものがあります。

 

E羽根

羽根もコサージュにはよく使われる部材です。特にフォーマルな場面で使われるコサージュには華やかさを出すのでよく使われます。

 

Fパール

コサージュでよく使われるパールは真ん中に穴が開いていて、ワイヤーや糸を通せるようになっています。

 

 

 

豪華コサージュ

豪華コサージュ一覧へ

カジュアルコサージュ

カジュアルコサージュ一覧へ

子供用ミニコサージュ

子供用ミニコサージュ一覧へ

エレガントコサージュ

エレガントコサージュ一覧へ

フォーマルコサージュ

980円コサージュ一覧へ

髪飾り

髪飾り一覧へ

このページのトップに戻る